【気になる!】コミック 『ゴールデン・エイジ(1)』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデン・エイジ

『ゴールデン・エイジ』

著者
庄司 陽子 [著]
出版社
双葉社
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784575337648
発売日
2019/04/12
価格
777円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】コミック 『ゴールデン・エイジ(1)』

[レビュアー] 産経新聞社

 『生徒諸君!』などで知られる著者の画業50周年を記念した半自伝的作品。1巻では、主人公の高校生・東海林(しょうじ)葉子のデビュー前後の日々が描かれている。

 時は昭和40年代。「何を描いてもボツを出す担当編集者」「アシスタント代を支払わない大御所漫画家」など実在(?)の苛烈な人々が相次ぎ登場する。今の感覚でいえば確実にパワハラだが、それでも漫画に打ち込む葉子のひたむきな姿が胸を打つ。

 今後は昭和52年から約10年続いた「少女マンガバブル」が描かれるという。日本漫画史を振り返るうえで貴重な作品となりそうだ。(庄司陽子著、双葉社・720円+税)

産経新聞
2019年5月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加