ブレグジット・パラドクス 庄司克宏著

レビュー

10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレグジット・パラドクス

『ブレグジット・パラドクス』

著者
庄司 克宏 [著]
出版社
岩波書店
ジャンル
社会科学/政治-含む国防軍事
ISBN
9784000613323
発売日
2019/03/28
価格
2,268円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブレグジット・パラドクス 庄司克宏著

[レビュアー] 篠田英朗(東京外国語大学教授)

 欧州連合(EU)研究の第一人者が、イギリスがEUを脱退する「ブレグジット」をめぐる諸問題について綺麗(きれい)にまとめた。

 ブレグジットには、北アイルランド国境問題だけでなく、様々な複雑な問題が、からみあう。著者は、それらを丁寧に、小気味よくまとめる。その手並みには、舌を巻く。本書は、さながらブレグジット案内書というべきものだ。

 しかしそれだけではない。著者は、「主権共有」をキーワードにして、ヨーロッパで起こっている大きな流れについて目配りをする。

 イギリスはEUに反発した。しかし「主権共有」の力は、イギリスにとっても巨大で抗(あらが)いがたいものであった。著者によれば、EUの複雑さについて、メイ首相も過小評価していた。その結果、イギリス政治は混迷の度を深めるしかなくなったわけである。

 しかし最後に著者は言う。仮にイギリスが「合意なき離脱」に追い込まれたとしても、「それは一時的であり、イギリスはEUに再加盟することになるだろう」。果たして著者の見立ては正しいのか。非常に気になるところだ。(岩波書店、2100円)

読売新聞
2019年4月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加