『読む寿司 オイシイ話108ネタ』河原一久著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読む寿司 オイシイ話108ネタ

『読む寿司 オイシイ話108ネタ』

著者
河原 一久 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163910154
発売日
2019/04/19
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『読む寿司 オイシイ話108ネタ』河原一久著

[レビュアー] 産経新聞社

 「スター・ウォーズ」研究の第一人者として知られる著者によるすし情報満載の一冊。海外の友人夫妻をすし店で接待した際、「感動のあまり涙を流していた」姿に接し、「寿司に関するあらゆることについて調べ始めた」ことがきっかけで生まれた一冊だという。

 「トロを10回続けて注文した三島由紀夫はマナー違反!?」「おにぎり並みの大きさだった江戸時代の握り寿司」など各テーマとも見開き2ページ。「昭和天皇の御寿司番『二葉鮨』の貴重な逸話」では昭和天皇と三代目との酒にまつわるエピソードとともに、生物学者でもあった昭和天皇のこだわりも目を引く。(文芸春秋・1400円+税)

産経新聞
2019年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加