『パイパーさんのバス』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パイパーさんのバス

『パイパーさんのバス』

著者
エリナー・クライマー [著]/クルト・ヴィーゼ [イラスト]/小宮由 [訳]
出版社
徳間書店
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784198645748
発売日
2018/02/20
価格
1,540円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『パイパーさんのバス』

[レビュアー] 渡部圭介

■人と動物の温かな交流

 主人公のパイパーさんは町のバスの運転手。家族はなく、アパートの部屋に帰っては、作ったごはんを1人で食べ、皿を洗い、寝るまでテレビを見て過ごす。

 そんな寂しいパイパーさんの生活は、ある日を境にがらっと変わる。きっかけは1匹の迷い犬との出会い。新たな「家族」との遭遇はさらに続き、猫やひよこまで。暮らしはにぎやかになったが、アパートの大家はカンカン。パイパーさんは動物たちを連れ、もらい手を探す旅に出る。「この子たちがいなくなったら、わたしがどうなる?」という迷いを抱えながら。

 動物たちは鳴くことはあっても、言葉は話さない。が、パイパーさんと動物たちとの交流は温かく、パイパーさんの誠実な人柄が浮かぶ。だからこそのハッピーエンドに、読み終わって思わずにんまり。

 動物虐待やペットの殺処分といったニュースを聞くと、心が痛む。パイパーさんみたいな心持ちの人が増えれば、人間にも、動物にも幸せな社会になると思うのだが。(エリナー・クライマー作、クルト・ヴィーゼ絵、小宮由訳/徳間書店・1400円+税)

 渡部圭介

産経新聞
2019年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加