【気になる!】コミック 『漫画 働くということ』

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画 働くということ

『漫画 働くということ』

著者
黒井 千次 [著]/池田 邦彦 [著]
出版社
講談社
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784065149607
発売日
2019/02/22
価格
1,188円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】コミック 『漫画 働くということ』

[レビュアー] 産経新聞社

 作家の黒井千次氏が15年にわたる自身の会社員経験をもとに、〈「働く」ということの意味を探ろうとする試み〉として昭和57年に出版し、ロングセラーとなっている新書の漫画化。

 大学卒業後、自動車メーカーに就職した主人公・神部万次の苦悩、気づきなどを描き、「個人を取り込む企業の時間」「会社員ではなく職業人であれ」など全10話で構成する。物語の舞台は30~40年代だが、労働の本質、本当の仕事、人の成長に不可欠なものとは-など現代にも通じるテーマで、就活生から若手社員、ベテランにも響くはずだ。(黒井千次原作、池田邦彦漫画、講談社・1100円+税)

産経新聞
2019年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加