【気になる!】新書 『南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経

『南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経』

著者
平岡 聡 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/仏教
ISBN
9784106108075
発売日
2019/03/15
価格
799円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】新書 『南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経』

[レビュアー] 産経新聞社

 浄土宗を開いた法然(1133~1212年)と、日蓮宗の開祖、日蓮(1222~82年)。前者の念仏と後者の唱題などを対比しながら、双方の特徴と共通点を紹介する。

 「鎌倉仏教の宗派の中で犬猿の仲」(著者)といわれる双方だが、共通点は意外に多いようだ。例えば、体制側の仏教に敵視された2人の生涯は迫害続きで、法然は四国に、日蓮は佐渡に流罪となっている。にもかかわらず、2人とも流罪を肯定的に受け止め、地べたをはうような弱者救済の道を歩んだという。鎌倉仏教の理解を深める入門書といえそうだ。(平岡聡著、新潮新書・740円+税)

産経新聞
2019年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加