『事故の哲学』斉藤了文著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故の哲学 ソーシャル・アクシデントと技術倫理

『事故の哲学 ソーシャル・アクシデントと技術倫理』

著者
齊藤 了文 [著]
出版社
講談社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784065145241
発売日
2019/03/13
価格
1,782円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『事故の哲学』斉藤了文著

[レビュアー] 読売新聞

 現代社会はAI(人工知能)などを利用した複雑な機械に支えられている。しかし、自動運転車が事故を起こした場合、責任は設計者、製造者、運転者いずれが負うべきなのか。原因究明の難しさは、事故を「天災」に近いものに変える。未来の技術倫理が直面する問題に光を当てた一冊。(講談社選書メチエ、1650円)

読売新聞
2019年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加