【児童書】『もしも だるまに であったら』山田マチ作、福島モンタ絵

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしも だるまに であったら

『もしも だるまに であったら』

著者
山田マチ [著]/福島モンタ [イラスト]
出版社
あかね書房
ISBN
9784251099228
発売日
2019/05/20
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『もしも だるまに であったら』山田マチ作、福島モンタ絵

[レビュアー] 産経新聞社

 民芸品や郷土玩具など暮らしの中で身近にあるものたちが、もしも生きていて、ふとどこかで出会ってしまったらどうだろう。だるまに道ばたで出くわしたら、まずはにらめっこ。脱皮して風船として遊ぶこともできるが、親切に頭に乗せて空を飛んで家まで送ってもくれる。

 こけしが地面から顔を出していたら、摘んで育てたりと、思いもよらない展開が愉快だ。赤、青の2色鉛筆の絵が優しい。(あかね書房・1200円+税)

産経新聞
2019年5月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加