【今週の労務書】『安全・健康・環境におけるトップの覚悟と役割 リスクベースで取り組む安全操業』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週の労務書】『安全・健康・環境におけるトップの覚悟と役割 リスクベースで取り組む安全操業』

[レビュアー] 労働新聞社

米国の経験から学ぶ


『中災防ブックレット 安全・健康・
環境におけるトップの覚悟と役割-
リスクベースで取り組む安全操業-』
武藤潤、渡辺哲[著]

 本書は昨年、横浜市で開催された全国産業安全衛生大会で好評だったJXTGホールディングスの武藤潤副社長の講演を書籍化したもの。米国石油メジャーで経験した安全操業実現への手法や考え方と経営トップの覚悟を紹介している。

 日本の産業現場では「リスクはあってはならない」とする風潮がある。一方、米国では「リスクは起こるもの」と科学的に捉えている。リスクをゼロとするのではなく、見付け出し許容レベルまで緩和、低減する。リスクはマネジメントするものとしている。

 そのリスクマネジメントを確実に行うには、リーダーシップが不可欠と著者はいう。安全水準向上はトップの本気にかかっているとする。経営トップや安全担当者は、読んでおきたい。

労働新聞
令和元年5月27日第3210号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加