【気になる!】コミック 『マンガで入門 世界一ゆるい哲学』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガで入門 世界一ゆるい哲学

『マンガで入門 世界一ゆるい哲学』

著者
マイケル・F・パットン [著]/ケヴィン・キャノン [著]/大田黒 奉之 [訳]
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784478067352
発売日
2019/04/12
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】コミック 『マンガで入門 世界一ゆるい哲学』

[レビュアー] 産経新聞社

 「哲学」と聞くだけで尻込みしそうだが、ヘラクレイトスやニーチェといった総勢23人の哲学者が漫画の中に次々と登場し、そんな懸念を払拭してくれる。

 支持派と否定派の間で存在に関する激論が交わされてきた「神」や、「私たちはどう生きるべきか?」という根源的問いを投げかける「倫理」に加え、論理▽知覚▽心▽自由意志-の計6つのテーマを扱い、西洋思想を概観。どこに向かって漕ぎ出せばよいか分からない「哲学」という大海原への針路を示してくれる。(マイケル・F・パットン、ケヴィン・キャノン著、大田黒奉之訳、ダイヤモンド社・1500円+税)

産経新聞
2019年6月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加