L・ウィルフォード、R・スティーブンソン著 「メイキングブック 犬ヶ島」

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島

『The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島』

著者
ローレン・ウィルフォード [著]/ライアン・スティーヴンソン [著]/金原瑞人 [訳]
出版社
フィルムアート社
ジャンル
芸術・生活/演劇・映画
ISBN
9784845918072
発売日
2019/02/25
価格
5,184円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

L・ウィルフォード、R・スティーブンソン著 「メイキングブック 犬ヶ島」

[レビュアー] 鈴木洋仁(社会学者)

 世界から高い評価を受ける、映画監督ウェス・アンダーソン=写真=最新作の4年に及ぶ裏側を覗(のぞ)く。

 同作は、近未来の日本を舞台に、犬インフルエンザの流行により、犬だけが隔離された犬ヶ島へ愛犬救助に向かう、少年の冒険譚(たん)だ。

 パペット(人形)を主役に、ストップモーション・アニメで撮られている。コマごとに写真撮影した上で編集するため、カクカクした動きから「作り物感」が出る。

 物語は、「日本にものすごく似ているけど、別の世界にある」、ユートピアとしての日本に着想を得る。だから、黒澤明や小津安二郎、宮崎駿といった日本映画、さらには日本の戦後史をも、英語圏の視線から学ぶことができる。

 膨大な情報がちりばめられた原書を、達意の日本語に置き換えた訳者の金原瑞人氏をはじめ、翻訳協力のみなさんに頭が下がる。(フィルムアート社、4800円)

読売新聞
2019年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加