『完璧という領域』熊川哲也著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完璧という領域

『完璧という領域』

著者
熊川 哲也 [著]
出版社
講談社
ジャンル
芸術・生活/音楽・舞踊
ISBN
9784065125458
発売日
2019/05/29
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『完璧という領域』熊川哲也著

[レビュアー] 産経新聞社

 著者が、プリンシパルとして活躍した英国ロイヤル・バレエ団を退団し、Kバレエカンパニーを旗揚げしたのが1999年。バレエダンサーをはじめ、オーケストラやスタッフ、観客、劇場のすべてが最高の次元で調和した「完璧という領域」のバレエにこだわり続けた20年の軌跡をたどった。

 著者が、日本のバレエを根底から変えたといっても過言ではないだろう。今も現役のバレエダンサーだが、芸術監督、経営者としての役割に比重が移りつつあるという。ロンドン仕込みの“革命児”の挑戦は今も続く。「メイド・イン・ロンドン」に続く21年ぶりの自伝。(講談社・1800円+税)

産経新聞
2019年6月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加