『環状列石ってなんだ』御所野縄文博物館編

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環状列石ってなんだ

『環状列石ってなんだ』

著者
御所野縄文博物館 [編集]/小杉 康 [著]/小林 克 [著]/大島 直行 [著]/八木 光則 [著]/高田 和徳 [著]
出版社
新泉社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784787718198
発売日
2019/04/03
価格
1,980円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『環状列石ってなんだ』御所野縄文博物館編

[レビュアー] 読売新聞

 英国のストーンヘンジほど巨大ではないが、環状列石とは円状に石を並べた縄文時代の遺構。葬送儀礼施設、記念物、墓域など諸説あり、遺構のある北海道南部と北東北の研究者らが、最新の研究成果や世界観などを語る。読み進むうちに縄文人の心象風景が見えてきそうだ。(新泉社、1800円)

読売新聞
2019年6月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加