百鬼園 戰前・戰中(せんぜんせんちゅう)日記(上)(下) 内田百〓(ひゃっけん)著

レビュー

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百鬼園 戰前・戰中日記 上

『百鬼園 戰前・戰中日記 上』

著者
内田 百閒 [著]
出版社
慶應義塾大学出版会
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784766426038
発売日
2019/05/29

書籍情報:版元ドットコム

百鬼園 戰前・戰中日記 下

『百鬼園 戰前・戰中日記 下』

著者
内田 百閒 [著]
出版社
慶應義塾大学出版会
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784766426045
発売日
2019/05/29

書籍情報:版元ドットコム

百鬼園 戰前・戰中(せんぜんせんちゅう)日記(上)(下) 内田百〓(ひゃっけん)著

[レビュアー] 武藤康史(評論家)

◆『焼盡』までの空白埋める

 内田百〓の新しい本が出た。これまで公刊されたことのなかった日記である。

 百〓の日記はすでにさまざまな形で本になっていた。中学から大学にかけての恋愛中心の日記は『戀文(こいぶみ)・戀日記』、三十歳前後の鬱屈(うっくつ)した数年間の日記は『百鬼園日記帖(ちょう)』『続百鬼園日記帖』、昭和十九年十一月以降は『東京焼盡(しょうじん)』、そのあと昭和二十四年までは『百鬼園戦後日記』というように…。百〓の小説や随筆とも地続きのような書き方の日記はどれも面白い。『新輯(しんしゅう) 内田百〓全集』(福武書店)には昭和四十四年までの日記が収められている。

 新刊の『百鬼園 戰前・戰中日記』は昭和十一年一月一日から十九年十月末日までのもの。その次の日から『東京焼盡』の期間になる。『東京焼盡』は空襲に逃げ惑う日々の記録だが、こちらは筆一本で生きる文士の勤勉な生活の記録である。日々原稿を書いている。朝までかかったこともある。一方で原稿が「捗(はかど)らず」、あるいは「書けぬ」ということもある。そして原稿を出版社に持って行って原稿料を受け取ったり、あるいは持って行かずに前借りしたり、前借りを断られたり…。

 昭和十四年から日本郵船の嘱託となって定収入を得た(文書の表記などについて相談に乗るという仕事だった)。水曜以外毎日、午後から出社したが、当初は四谷から東京駅近くまでタクシーで通勤していた。電車のほうが安上がりだが、電車は「人が大勢ゐて不愉快である」とは百〓らしい。

 もともと小さな手帳(見開き二ページで一週間分)にカタカナでびっしり書いてあったものをひらがなにしてある。漢字も旧字体に揃(そろ)えてあり、『新輯 内田百〓全集』と同じ体裁で楽しめる。

 この全集が完結したのは一九八九年だった。そのときの編輯者(へんしゅうしゃ)の一人が出版社を移籍し、翻刻も一人でこなして今回の出版が実現した。一人の編輯の鬼が、前の全集を三十年かけて増補したわけだ。今年は百〓の生誕百三十年。『百鬼園戦後日記』が中公文庫から出たばかりでもある。

 (慶応義塾大学出版会・各4860円)

1889~1971年。小説家・随筆家。著書『冥途(めいど)』『阿房列車』など。

◆もう1冊 

内田百〓著『百鬼園随筆』(新潮文庫)。師・夏目漱石の思い出などを軽妙に語る。

 ※〓は間の日が月

中日新聞 東京新聞
2019年7月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加