「家族の幸せ」の経済学…山口慎太郎著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家族の幸せ」の経済学

『「家族の幸せ」の経済学』

著者
山口慎太郎 [著]
出版社
光文社
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784334044220
発売日
2019/07/18
価格
902円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「家族の幸せ」の経済学…山口慎太郎著

[レビュアー] 坂井豊貴(経済学者・慶応大教授)

データから意外な事実

  形はさまざまあるにせよ、誰もが家族のなかで、育児をされて大人になってゆく。だから大抵の人が、家族や育児について何かしらの一家言をもっている。それゆえこうした事柄をめぐっては、何が正しいのか客観的な判断が難しい。

 本書の著者は、家族や労働を分析する経済学者。計量分析のエキスパートである。家族や育児をめぐる事実を、データを用いてあぶり出してゆく。たとえば母乳育児が子どもの成長に与える効果。これは生後一年間の子どもの健康面には好ましい影響を与えるが、長期的には健康にも知能にも影響しない。母乳育児のメリットは喧伝(けんでん)されがちだが、過度に気にするのは禁物ということだろう。

 育休については国際比較がなされている。各国を見てみると、一年以内の育休制度は母親の就業におおむねプラス。ところが三年になると、仕事のスキルや習慣が失われ、プラスではなくなる。だから著者は長期の育休には否定的だ。そしてこの論に見られるように、著者は「育休は長いほうが良い」といった耳触りのよい主張を軽々しくしない。あくまでエビデンス(論拠)を丁寧に語るのである。

 意外なのは、日本の男性の育休制度が、ユニセフから一位の評価を得ていることだ。ところが制度は整っていても、キャリアへの悪影響の懸念から、活用が進んでいない。現在ノルウェーでは多くの父親が育休を取っているが、これは兄弟や同僚、とくに上司が育休を取るのを見た者が、自分も取るようになり広まったそうだ。勇気ある小さな影響の連鎖が社会を変えていった例といえよう。

 本書には結婚や離婚についての事実も多く載っている。例えばオフラインで出会う夫婦のほうが同学歴になりやすく、離婚を容易化すると女性の自殺率は下がるのだそう。ときにシビアな内容を含みつつも、著者の視点は一貫して温かく、語り口はやわらかい。

 ◇やまぐち・しんたろう=東京大准教授。専門は「家族の経済学」と労働経済学。本書が初の著書。

読売新聞
2019年7月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加