【気になる!】文庫 『沙羅乙女』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沙羅乙女

『沙羅乙女』

著者
獅子 文六 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784480436016
発売日
2019/07/09
価格
924円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】文庫 『沙羅乙女』

[レビュアー] 産経新聞社

 ものにならない発明に血道を上げる父親、生意気盛りの弟とともにつましく暮らす遠山町子。レストラン「ルナ」の隣でたばこ売りをして生計を立てているが、常連客で銀行員の塙は気になる存在。ルナの若いコックも町子の気を引こうとして、恋物語に発展していくかに思いきや…。二転三転するストーリーで、思いもよらぬ衝撃の結末まで一気に読ませる。

 著者は作品の多くが映画化されるほどの人気を誇る昭和の大人気作家だが、没後は“忘れられた作家”と呼ばれていた。現在、再ブレイク中で、ちくま文庫として何と13点目の出版だ。(獅子文六著、ちくま文庫・840円+税)

産経新聞
2019年8月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加