木嶋佳苗、座間9人殺害事件の犯人が住んでいた間取りの不思議な共通点 事故物件芸人とイヤミス作家が語る、ヤバい部屋

対談・鼎談

621
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お引っ越し

『お引っ越し』

著者
真梨 幸子 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784041061657
発売日
2017/11/25
価格
616円(税込)

書籍情報:openBD

事故物件怪談 恐い間取り

『事故物件怪談 恐い間取り』

著者
松原タニシ [著]
出版社
二見書房
ISBN
9784576180977
発売日
2018/06/26
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【恐怖の事故物件対談】真梨幸子×松原タニシ 怪奇は部屋に現れる

[文] 新潮社

■殺人者を生む間取り

松原 真梨さんの『お引っ越し』、めちゃくちゃ面白かったです。壁に穴開いてた話も出てきますよね。それとあの「2ちゃんねる」っぽい書き込みのところがめっちゃリアルでした。イヤミスって、面白いですね。

真梨 面白いです。私が言うのも何ですけれど(笑)。

松原 うわべだけのハッピーエンドみたいなものより、人間って本当はこうなんやろなっていうのが凄く伝わってきて、多くの人に読まれるのがよくわかります。信頼できるというか。人間の嫌なところが書かれてるのが面白い。

真梨 ありがとうございます。私は事故物件も気になるんですが、たとえば殺人鬼が住んでいた部屋のほうが怖いと思うんですよ。殺人鬼が殺人鬼になったのは、もしかしたらその部屋のせいかもしれないじゃないですか。

松原 うわっ、確かに。


問題の間取り図A

真梨 それで殺人事件の犯人が住んでた部屋をいろいろ調べているんです。これは木嶋佳苗(死刑囚。2007年から2009年にかけて、婚活サイトで出会った男性を複数殺害したとされる)が住んでた部屋なんですけど、風水的におかしくないですか(間取りA)。

松原 斜めですねー。なんでしょう、このチーズみたいな部屋。池袋のタワーマンションでしたっけ。

真梨 そうです。でも、実際ここに住んでいたのは1か月なんですよ。事件が発覚して、逮捕されそうな時に引っ越してるんです。私、いろいろ妄想したんですけど、逮捕されたときに「タワマンに住んでる女」ってのを演出したかったんじゃないかと思うんですよね。

松原 すごい自己愛というか。


問題の間取り図B

真梨 それと、これは座間市の事件(2017年、アパートの一室で連続して9人が殺害された)の犯人が座間のアパートに越してくる前に住んでた部屋です(間取りB)。この間取りもおかしいでしょう?

松原 何か変ですよね。

真梨 何かとがってるんですよ。私、ここに住んでて頭がおかしくなったんじゃないかと思うんですよね。

松原 真梨さんは今どんなところにお住まいなんですか。

真梨 普通の住宅地の普通の低層マンションです。あの西新宿のマンションの後もいろいろあり、今度は普通のところにしようと地歴を徹底的に調べて、最終的には江戸時代の古地図を見て決めました。それと猫を飼い始めたんです。もちろん普通にかわいいから飼ってるんですけど、昔から猫って魔除けになると言われていて、怨霊や生霊を飛ばされている人は猫が欲しくなるという話を後から知って、なるほどだから飼いたくなったのか、って腑に落ちました。

構成:編集部 撮影:平野光良(新潮社写真部)

新潮社 小説新潮
2019年8月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加