シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ…下川裕治著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ

『シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ』

著者
下川裕治 [著]
出版社
平凡社
ISBN
9784582859140
発売日
2019/06/17
価格
947円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ…下川裕治著

[レビュアー] 戌井昭人(作家)

 若い頃は国内外を問わず、ひとり旅をよくしていた。大きなリュックを背負い、言葉もわからない国なのに現地の人と交流し、どういうわけか結婚式に参列していたこともあった。いま思うと、若さゆえに可能だったことが沢山あった。何も考えずに突っ込んでいく無鉄砲さがあった。だが歳(とし)を重ね「もうあのような旅はできない」と考えていた。しかし本書を読んで気持ちが変わった。歳をとればその歳に見合った旅がある。旅の達人、下川さんは60歳を過ぎて度々インドを訪れ、若い頃には分からなかった優しさを感じるようになったと書く。若かった自分への執着を捨てれば、年齢に関係なく、ひとり旅に出るのは簡単なことかもしれない。ひとり旅は、執着を取っ払うことでもあった。

 いまはインターネットの普及で、当時より格段に旅がしやすくなった。初めての街に着き、荷物を背負って必死に宿を探すのは昔のことだ。

 己の衰えを感じつつ、それも含めて楽しそうに旅する下川さんを見ていたら、自分もまた旅に出たくなった。そもそも旅に出るために、理由なんてものはたいしてないのだ。

 (平凡社新書、860円)

読売新聞
2019年8月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加