「たぷの里」 藤岡拓太郎著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たぷの里

『たぷの里』

著者
藤岡拓太郎 [著]
出版社
ナナロク社
ISBN
9784904292891
発売日
2019/07/21
価格
1,320円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「たぷの里」 藤岡拓太郎著

[レビュアー] 岸本佐知子(翻訳家)

 髷(まげ)にまわし、あんこ型の体。たぶん、どう見ても、お相撲さんだ。うん。

 「とぼ とぼ とぼ」と男の子が歩く。と思ったら次の瞬間「たぷ」と上からかぶさってくる。「ぴょーん ぴょーん ぴょーん」と女の子が跳ねる。ページをめくると、また「たぷ」と上からかぶさってくる。

 延々その繰り返し。説明もなくセリフもなく、ただひたすら「たぷ」の文字だけが大きくなっていく。意味がなさすぎて、あなたはだんだん不安になってくるだろう。日常のさまざまな風景を一瞬で虚無化する、この「たぷの里」は本当にお相撲さんなんだろうか。人間なんだろうか。

 でも、意味など考えてはいけない。ためしに、この本を大きな声で音読してみてほしい。「たぷ」と一つ言うたびに、体の内側に虚無が広がっていく。そしてその感じは、なんだかふしぎと気持ちいいのだ。(ナナロク社、1200円)

読売新聞
2019年9月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加