ほんのいえ宮脇書店越谷店「希望の糸」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希望の糸

『希望の糸』

著者
東野 圭吾 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784065148945
発売日
2019/07/05
価格
1,870円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

希望の糸

[レビュアー] ほんのいえ宮脇書店越谷店(書店員)

早期解決と思われた殺害事件の裏には、まったく予想し得なかった真相が待っていた。すでに10作を数える加賀シリーズのスピンオフ的作品。若い松宮刑事が主人公。もちろん加賀恭一郎がシブく存在感をちらつかせる。時の流れの中で切れかかりつつも絡み合う糸が、少しずつほどけていく実感がたまらない。濃縮された読みごたえありの逸品に、これぞまさに東野作品と賞賛の声もあがるだろう。
近い将来、映像化間違いなしのこの作品。今のうちに読んでしまってください。

トーハン e-hon
2019年7月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加