「棚田の民 中国貴州省の苗族」 沈輝、長谷川由美子著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

棚田の民

『棚田の民』

著者
沈輝 [著]/長谷川由美子 [著]
出版社
日本カメラ社
ISBN
9784817921734
発売日
2019/05/28
価格
3,520円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「棚田の民 中国貴州省の苗族」 沈輝、長谷川由美子著

[レビュアー] 藤原辰史(農業史研究者)

 中国南部の貴州省に、この世のものとは思えないほど神秘的な棚田が広がっている。苗(ミャオ)族が長年にわたって耕してきた田んぼだ。

 中国と日本の写真家が捉えた棚田は、古さと新しさが分かち難く結びつく。一方には、稲架(はさ)に干される収穫した稲、牛を使って泥土を耕す夫婦。他方で、手押し耕運機=写真=を手に代掻(しろか)きをする。化学肥料を撒(ま)く。バイクに乗り、ビリヤードに興じる若者たちも。

 しばしば棚田は風景として保存して鑑賞したいという都市中心主義的で消費者的な目線に晒(さら)されがちだ。だが、この写真集はそれを免れようともがいている。

 観光に来た若い男女の写真は、読者自身の目線を意識させる。苗族の農民の泥のついた手と足が、顔が、闘鶏が、家が、豚が、魚が、そして踊り狂う祭りの熱が、レンズに収めようとする写真家の心と足を激しく揺さぶっている。 (日本カメラ社、3200円)

読売新聞
2019年9月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加