ルポ 教育困難校 朝比奈なを著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルポ 教育困難校

『ルポ 教育困難校』

著者
朝比奈なを [著]
出版社
朝日新聞出版
ISBN
9784022950314
発売日
2019/07/12
価格
869円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ルポ 教育困難校 朝比奈なを著

[レビュアー] 森健(ジャーナリスト)

 授業が始まっても、マスカラをつけたり、スマホをいじったり。机に教科書は置かず、授業妨害もする。本書は学力の低い「教育困難校」の実態とその課題について、元高校教諭が記したものだ。

 1990年代までの「ヤンキー」と呼ばれる生徒は校則を守らず、抗争に重きをおくタイプだった。昨今のヤンキーは、おとなしそうだが、教員を馬鹿にし授業妨害を繰り返す。またコミュニケーション能力に難があり、不登校経験者なども多いという。

 学力レベルも低い。小学生程度の繰り上がり計算ができない、アルファベットも正確に書けない、国語の文章をどこで切るのかわからない。

 そうした生徒の家庭環境を見ると、生活保護世帯、ネグレクト、虐待などさまざまな問題があると著者は指摘する。「自己責任論で片付けられるものではないのだ」

 そこで終盤、過去の成功事例を引き、改善のヒントを提示する。高齢化など地域の実情に合わせたカリキュラムを作ったり、毎時間目標を決めて話し合いをしたり。こうした高校こそ手厚い対策がとられるべきという主張は理解できる。(朝日新書、790円)

読売新聞
2019年9月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加