美学校 1969-2019 美学校編 晶文社

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美学校1969-2019

『美学校1969-2019』

著者
美学校 [編集]
出版社
晶文社
ジャンル
芸術・生活/芸術総記
ISBN
9784794970961
発売日
2019/08/14
価格
2,970円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

美学校 1969-2019 美学校編 晶文社

[レビュアー] 苅部直(政治学者・東京大教授)

 この本のカバー見返しには、「赤瀬川原平、中西夏之、澁澤(しぶさわ)龍彦が教鞭(きょうべん)をとり、南伸坊、久住昌之、浅生ハルミンが学んだ伝説の教場」、そして「美術・音楽・メディア表現の私塾」とある。東京の神保町にある「美学校」の開校五十周年を期して刊行された、記録・証言と寄稿文を集めた一冊である。場所も一九七〇年以来変わらず、エレベーターのない(最近までクーラーもなかったという)ビルの三階で、活動を続けている。

 そもそも発足したときの趣旨は、大学紛争でドロップアウトした学生に、絵画や版画の技術を身につけさせるためだったらしい。六〇年代末の学生反乱・大学解体の気分とも連動していたことだろう。「教場」や「私塾」を名のるような独立教室は、ほかにも多く生まれたはずだが、この美学校だけが奇跡のように存続している。

 おそらく、反大学や反体制という理念だけでは長続きしなかっただろう。多くの関係者が、独特の「場」の存在感や、人と人とのつながりを、貴重なものとして評価している。だが、単なる出会いの場ならば、時代の変化をこえて残ることはないはず。新しいアートを創りたいというエネルギーが、そこでは常に渦巻いていたからこそ、教え、教わるという一方向でない関係のあり方が続いてきたのだろう。

 ビルの一フロアを使っているだけの狭い学校でも、教室の大テーブルを片づければ、パフォーマンスの会場になる。時には片隅で料理を作り、講義のあとはそのまま飲み会に突入する。そうした空間でいろいろな講師と受講者がいりまじることを通じて、多くの才能が育っていったのだろう。

 この学校の出身者・関係者が口々に言うように、それは専門化した堅いカリキュラムに縛られる大学教育では、味わえない特色である。新たな美や知を生みだす場とはいかなるものか。改めて考えさせられる。

読売新聞
2019年9月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加