南伸坊著「私のイラストレーション史」

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のイラストレーション史

『私のイラストレーション史』

著者
南 伸坊 [著]
出版社
亜紀書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784750515786
発売日
2019/05/25
価格
1,980円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

南伸坊著「私のイラストレーション史」

[レビュアー] 鈴木洋仁(社会学者・東洋大研究助手)


南伸坊著「私のイラストレーション史」より

 「顔おっきいねえ!」。

 南伸坊さんのおにぎりのような顔は、昔から強いインパクトを残してきたらしい。

 そんな南さんが幼少期から1980年にかけて出会ったいくつもの顔が本書を彩る。

 たとえば、南さんが編集長を務めた月刊漫画『ガロ』の初代編集長・長井勝一=写真=の顔から、作家や作品への尊敬が伝わってくる。やわらかな表情は、つげ義春さんを筆頭に才能を引き寄せる。

 南さんもまた、先日亡くなった和田誠さんをリーダーとする、イラストレーションというジャンルに集まった一人だ。尊敬が才能を呼び、渡辺和博をはじめ仲間が増える。無論、クセの強い作家同士、つらい思いもあったかもしれない。

 でもきっと、南さんは今と変わらず、植木等の大笑いに影響を受けたというニコニコ顔で、いつも楽しんでいたに違いない。そんなたくさんのえびす顔が目に浮かびます。(亜紀書房、1800円)

読売新聞
2019年10月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加