【今週の労務書】中堅・中小企業のための働き方改革 実践40 浅香博胡、白石多賀子、山田晴男著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中堅中小企業のための働き方改革実践40

『中堅中小企業のための働き方改革実践40』

著者
浅香博胡 [著]/白石多賀子 [著]/山田晴男 [著]
出版社
日本生産性本部
ジャンル
社会科学/経営
ISBN
9784883725601
発売日
2019/09/30
価格
1,650円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【今週の労務書】中堅・中小企業のための働き方改革 実践40 浅香博胡、白石多賀子、山田晴男著

[レビュアー] 労働新聞社

残業大幅減の事例掲載

 来年4月、時間外労働の上限規制が中小企業でもスタートする。いよいよすべての企業が、働き方改革について避けて通れない状況になる。40個の項目を立てて対応策を過不足なく掲載する本書は、入門書にうってつけだ。

 「労働時間の削減と業務の効率化」を掲げた章では、勤務間インターバル制度を紹介している。健康維持に向けた睡眠時間の確保や生活時間の確保によるワーク・ライフ・バランスの実現などのメリットを挙げ、導入時に必要な就業規則の規定例を示した。

 複数の企業事例も収載した。たとえば、1カ月の時間外労働を5年で51時間から15時間に減らした小規模事業場では、フレックスタイム制や在宅勤務の導入、年次有給休暇の未取得による人事評価の減点などが奏功した。

労働新聞
令和元年11月18日第3233号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加