【今週の労務書】経営戦略としての「健康経営」 新井卓司、玄場公規著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営戦略としての「健康経営」

『経営戦略としての「健康経営」』

著者
新井卓二 [著、編集]/玄場公規 [著、編集]/佐藤光弘 [著]/川村由起子 [著]/杉岡孝祐 [著]/浅野健一郎 [著]
出版社
合同フォレスト
ジャンル
社会科学/経営
ISBN
9784772661461
発売日
2019/10/30
価格
2,200円(税込)

書籍情報:openBD

【今週の労務書】経営戦略としての「健康経営」 新井卓司、玄場公規著

[レビュアー] 労働新聞社

他社との差別化へ

 本書は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」について、期待される効果や具体的な取組み方法を解説したもの。「戦略」とは競合企業との差別化を図るための指針であり、健康経営に取り組むことこそが、他社に対する差別化につながると訴えている。

 期待される効果については、東証一部上場企業を対象としたアンケート結果から明らかにした。健康経営優良法人表彰の認定企業では「イメージアップ」や「リクルート効果」、「モチベーションアップ」などを実感している。

 筆者は、優秀な従業員の採用に寄与し、社会的なイメージが向上することで、間接的に企業収益に結び付くことも考えられるとした。中小・中堅企業にも人材採用面で効果があるとみている。

労働新聞
令和元年11月25日第3234号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加