【気になる!】新書 『武道と日本人 世界に広がる身心鍛練の道』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武道と日本人 世界に広がる身心鍛練の道

『武道と日本人 世界に広がる身心鍛練の道』

著者
魚住孝至 [著]
出版社
青春出版社
ジャンル
芸術・生活/体育・スポーツ
ISBN
9784413045858
発売日
2019/11/18
価格
1,210円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書 『武道と日本人 世界に広がる身心鍛練の道』

[レビュアー] 産経新聞社

 東京五輪で注目の柔道、空手道をはじめ、剣道、弓道、銃剣道など9種ある武道。海外での浸透、スポーツ化が進む一方、日本で武道本来の精神が語られることは少なく、関心は低い。

 本書は、元国際武道大教授の著者が、戦国時代を源流とする武道の歴史、それぞれの成り立ちや特色、心身鍛錬などの精神を日本文化の視点から解説。幕末の勝・西郷会談にみる剣術の真骨頂や、「唐手」を「空手」と改称したエピソードなどにも引き込まれる。

 武道に対する教養とともに、東京五輪で武道競技を見る目も深まりそうだ。(魚住孝至著、青春新書インテリジェンス・1100円+税)

産経新聞
2019年12月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加