【気になる!】コミック 『軍艦無駄話』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軍艦無駄話

『軍艦無駄話』

著者
黒井緑 [著]
出版社
白泉社
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784592711551
発売日
2019/08/30
価格
858円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック 『軍艦無駄話』

[レビュアー] 産経新聞社

 軍艦にまつわる古今東西のエピソードを描いたコミックエッセー。近代海軍において機関や艦砲、舵(かじ)、煙突などがどのように進化したのか。なぜ艦橋には「橋」の文字が使われるのか…など、興味深い雑学を知ることができる。

 日露戦争が世界の軍艦史を塗り替えたといわれる理由や、英戦艦ドレッドノートの革新性なども紹介している。

 著者は元サブマリナー(潜水艦乗り)。緻密な描写に加え、吹き出しなどの文字量の多さに読者は驚くだろう。「無駄話」と題名にあるが、こだわりとうんちくのある人が語る無駄話は、実に楽しいものだ。(黒井緑著、白泉社・780円+税)

産経新聞
2019年12月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加