女性33人の「パンティ」にまつわる赤裸々告白

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンティオロジー

『パンティオロジー』

著者
秋山 あい [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797673807
発売日
2019/11/05
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

女性の私生活を覗き見する感覚も パンティにまつわる赤裸々告白

[レビュアー] 大竹昭子(作家)

 まったくこの本には驚かされた。子どものときから、お腹を冷やすなと母親に口をすっぱくして言われたせいか、パンティへの関心をまるで育てることなく、下半身を包むものという狭いイメージのまま今に至ってしまった。女性たちがこれほどパンティについて語ることがあり、そのひとつひとつにプライベートライフを覗き見ているようなおもしろさがあり、かつ自分の人生を顧みることになろうとは、思いもよらなかった。

 三十三人の女性に、セクシー、リラックス、お気に入りのパンティ計三枚を挙げてもらい、それにまつわるエピソード、夫やパートナーや恋人の反応、日々の暮らしぶりなどを取材、パンティの手描きイラストとともに一冊にまとめたものである。

 はじまりは、アーティストの著者が自分のパンティを描いてまわりに見せたこと。おもしろがってくれたので、他の人の話も訊き、「パンティオロジー」と命名してフィールドワークに乗りだした。

 こんなヘンテコな調査は、もし著者が日本に住んでいたならとても思いつかなかっただろう。フランスに暮らし、ランジェリー売り場に男性の姿があるのにびっくりした時期を過ぎると、日本と違う男女の関係のあり方に惹かれていく。三十三人の調査対象者の多くがフランス人で、日本人も含めて他国の人も出てくるが、フランス人の話が圧倒的におもしろく、想像を刺激する。掌編小説のような味わいだ。

 読むうちに判明するのは、パンティは大人の女性にとってセクシーな気分を盛り上げるための小道具だということ。手描きイラストのパンティはやわらかく魅惑的で、「身につけても可愛い、脱いだときに床に落ちていても可愛い」という言葉に深くうなずく。彼女らに比べたら、パンティを穿き心地でしか考えたことがなかった私は、つまるところ幼児のレベルなのだった。

新潮社 週刊新潮
2019年12月26日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加