【気になる!】コミック 『よちよち文藝部 世界文學篇』久世番子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よちよち文藝部 世界文學篇

『よちよち文藝部 世界文學篇』

著者
久世 番子 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163911441
発売日
2019/12/12
価格
1,100円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】コミック 『よちよち文藝部 世界文學篇』久世番子著

[レビュアー] 産経新聞社

 『罪と罰』(ドストエフスキー)などの名作を最後まで読み通せない「海外文学弱者」向けに、海外文学の魅力を紹介する漫画だ。

 取り上げるのは『神曲』(ダンテ)や『怒りの葡萄(ぶどう)』(スタインベック)、『百年の孤独』(ガルシア・マルケス)など。実は突っ込みどころも満載な古典の魅力を、ユーモアたっぷりに紹介する。極めつけは『ドン・キホーテ』(セルバンテス)。ディスカウント大手「ドン・キホーテ」の店内ポップ風に紹介するなど、随所にちりばめられたネタの凝りように笑ってしまう。名作コンプレックスを和らげてくれる一冊。(文芸春秋・1000円+税)

産経新聞
2020年1月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加