バンド…クリープハイプ著 聞き手 木村俊介

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンド

『バンド』

著者
クリープハイプ [著]/木村 俊介 [著]
出版社
ミシマ社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784909394279
発売日
2019/10/20
価格
2,090円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

バンド…クリープハイプ著 聞き手 木村俊介

[レビュアー] 鈴木洋仁(社会学者・東洋大研究助手)

 歌声を「へんで、高い」と自称するボーカル尾崎世界観と3人の仲間によるロックバンド・クリープハイプ。その10年をプロの聞き手・木村俊介が丸裸にする。

 彼らの世界は、どのように作られてきたのか。何を悩み抜いてきたか。ファンならば垂涎(すいぜん)の、まだ知らないならば入門として、これ以上ない。

 2001年に尾崎が始めたクリープハイプは、多くのメンバーが入れ替わった。初めての音合わせではズレを感じた4人が09年から一緒に続けてこられたのは、尾崎というライブ会場を支配する才能の存在が大きい。

 ラジオやエッセー、小説にまで活躍の場を広げる奇才は確かにバンドの中心にいる。

 しかし本書は天才を礼讃(らいさん)するありふれた作りではない。

 4人がひとりひとり語り、時の流れに沿って再構成されているため、彼らの過ごした時間を読者は追体験できる。

 「うるさいから消してくれ」と言いあえなければ、バンドを長く続けられない。喜びを分ける正直な姿勢も必要だ。人と人とは、どう関わるか、いかに許すのか。ほんとうに知りたいことが書かれている。(ミシマ社、1900円)

読売新聞
2020年1月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加