大名倒産 上・下…浅田次郎著 文芸春秋

レビュー

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大名倒産 上

『大名倒産 上』

著者
浅田 次郎 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163911397
発売日
2019/12/06
価格
1,760円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

大名倒産 下

『大名倒産 下』

著者
浅田 次郎 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163911403
発売日
2019/12/06
価格
1,760円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

大名倒産 上・下…浅田次郎著 文芸春秋

[レビュアー] 橋本五郎(読売新聞特別編集委員)

 越後丹生山松平家3万石。260年もの長きに積もり積もった借財はなんと25万両。利息の支払いだけで年に3万両。しかるに収入は1万両。どうしたらいいのか。ある時は百姓与作、ある時は茶人一狐斎、またある時は職人左前甚五郎や板前長七を演じる第12代当主御隠居様が策をめぐらせたのが、25万両をチャラにする大胆不敵な「大名倒産」に他ならなかった。

 返すべき金はビタ一文返さず、計画倒産の暁に藩士に還元するため、せっせと金銀を貯(た)め込む。さすれば業を煮やした幕府が領知不行き届きで「改易」を迫るだろうという筋書きだ。

 これに抗したのが四男小四郎。嫡男は急死、次男は天衣無縫の馬鹿、三男は生まれつきの病弱。そこで先代が村娘に産ませ、9歳まで足軽の子として育てられた小四郎が第13代当主となる。

 この13代、糞(クソ)がつくほど真面目。老中から言われた「領国経営」の要である節倹、収税の正確な実行、そして殖産興業に着手する。手始めは参勤交代費用の徹底的な切り詰め。なりふりなど構ってはいられない。たとえ莫大(ばくだい)な借金の前では焼け石に水と思われようとも一つ一つ実行していく。その質朴なまでの姿に、国家老ら家臣も、豪農や天下の豪商たちも、そして七福神や貧乏神さえ打たれてしまう。

 気の遠くなるようなこの難問をどう解決しようとしたのか。その捻出方法については読者のお楽しみに取っておくとして、小四郎の思いはただ一つだった。「松平和泉家の名を惜しみ、父祖の伝えたふるさとをゆめゆめ失うてはならじ」ということだった。凡庸でも誠実であり続けることの大切さを教えてくれるのである。

 それにしても「浅田ワールド」の極致とさえ言えるこの小説のすごいところは、悪評高い御隠居様を含め、登場人物の誰一人として造型が細やかでない者がいないことである。悪意が満ちあふれている今日日、これほどの「性善説」小説にお目にかかるとは大いなる驚きである。

読売新聞
2020年1月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加