『カニという道楽』広尾克子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カニという道楽

『カニという道楽』

著者
広尾 克子 [著]
出版社
西日本出版社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784908443459
発売日
2019/10/09
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

『カニという道楽』広尾克子著

[レビュアー] 読売新聞

 ズワイガニが冬の味覚の王者として君臨するようになったのは高度経済成長期以降だという。浜で捨てられていたカニの価値がどう発見され、越前や但馬などの名産地へ食べに出かける「カニツーリズム」が生まれたか。カニを愛する人々の奮闘を伝える、これまでなかったカニと人の文化史。(西日本出版社、1500円)

読売新聞
2020年1月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加