【児童書】『日本を変えた 地味スゴ歴史人物伝』伊藤純郎監修

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を変えた 地味スゴ歴史人物伝

『日本を変えた 地味スゴ歴史人物伝』

著者
伊藤純郎 [監修]
出版社
高橋書店
ISBN
9784471103828
発売日
2019/11/28
価格
1,100円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『日本を変えた 地味スゴ歴史人物伝』伊藤純郎監修

[レビュアー] 横山由紀子

 ■縁の下の力持ちに光

 誰もが知っている有名人だけが、歴史を作ってきたわけではない。著名な偉人の陰で、実は大きな役割を果たした人々がいる。本書は、日本の歴史を切り開いた縁の下の力持ちに光を当てた“地味にスゴい”人物伝だ。

 飛鳥時代の蘇我馬子は、古代史に燦然(さんぜん)と輝く聖徳太子と推古天皇の政治をがっちりサポートし、日本に仏教を広めた立役者だ。日本最古の歴史書である古事記は、名コンビによって編纂(へんさん)された。記憶力抜群の稗田阿礼(ひえだのあれ)がそらんじていた伝説や伝承を、太安万侶(おおのやすまろ)が記録したのだ。

 室町時代の武将、太田道灌(おおた・どうかん)が整備した江戸城は、後に改修され、徳川幕府の拠点となった。ほかにも、江戸時代にシャム(現在のタイ)の日本人町のリーダーだった山田長政、医学書の翻訳に取り組んだ前野良沢、自由平等の思想を伝えた中江兆民らが登場。

 地味ながら歴史に残る活躍をした人物のエピソードに触れることで、歴史を立体的に学ぶことができる。(高橋書店・1000円+税)

 横山由紀子

産経新聞
2020年2月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加