【児童書】『ラブレターをもらったら』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブレターをもらったら

『ラブレターをもらったら』

著者
アニカ・アルダムイ・デニス [著]/ルーシー・ルース・カミンズ [イラスト]/石井睦美 [訳]
出版社
BL出版
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784776409403
発売日
2020/01/18
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ラブレターをもらったら』

[レビュアー] 産経新聞社

 ハリネズミくんは、ウサギちゃん、リスくんとの待ち合わせ場所に急ぐ途中、地面に落ちていた手紙を拾う。〈あなたをだいすきなこと、きづいてる?〉の内容に「だれかがぼくのことをすきなんだ」。ハリネズミくんからいつものとげとげしさは消え、ごきげんに。

 一通のラブレターをめぐり、さまざまな思いに包まれるハリネズミくんたちだが、手紙の真相を知り…。

 忘れていた感情を思い起こさせてくれる物語はもちろん、絵もあたたかい。(アニカ・アルダムイ・デニス文、ルーシー・ルース・カミンズ絵、石井睦美訳/BL出版・1500円+税)

産経新聞
2020年2月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加