【気になる!】コミック 『家族もうつを甘くみてました』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族もうつを甘くみてました#拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生

『家族もうつを甘くみてました#拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生』

著者
ブリ猫。 [著]
出版社
ぶんか社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784821145393
発売日
2020/01/10
価格
1,100円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック 『家族もうつを甘くみてました』

[レビュアー] 産経新聞社

 幸せな結婚生活を送っていると思っていた娘、ブリ猫。が、ある日、意識混濁で緊急搬送され、両親は娘が精神科にかかっていたことを知る。病名は双極性障害(そううつ病)だった。原因は何か、どう接し、何をすればいいのか-。

 両親は娘、孫2人と同居し、娘を支えようと思い悩むが、意思疎通が進まず、やがて両親にもうつ病の初期症状が表れる。

 ブリ猫。本人の実録闘病記に続き、うつ病患者の家族の視点から描くコミックエッセー。「イチ事例書」としつつ、ブリ猫。父を中心に家族で乗り越えてきた悲喜こもごもが胸に迫る。(ブリ猫。著、ぶんか社・1000円+税)

産経新聞
2020年2月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加