【気になる!】新書 『日本人の9割が知らずに使っている日本語』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の9割が知らずに使っている日本語

『日本人の9割が知らずに使っている日本語』

著者
岩田亮子 [著]
出版社
青春出版社
ジャンル
語学/日本語
ISBN
9784413211550
発売日
2020/01/15
価格
1,100円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】新書 『日本人の9割が知らずに使っている日本語』

[レビュアー] 産経新聞社

 地名は浅草(あさくさ)なのに、なぜ浅草寺(せんそうじ)と読む?(寺の名前は原則音読みだから)。「メリハリをつける」の「メリ」と「ハリ」って何?(緩むの意味の「減(め)り」と、「張り」)。

 長年、日本語講師を務める著者が、外国人生徒らの「素朴で鋭い」質問をきっかけに日々、再発見しているという日本語の面白さ、言葉の謎を解説する。普通に使っているが、言われてみれば「?」な日本語。「親切」はなぜ「親」を「切る」と書く? 「ケチがつく」の「ケチ」とは? う~ん、気になる!(岩田亮子著、青春新書プレイブックス・1000円+税)

産経新聞
2020年2月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加