最後の楽園 服部まゆみ全短編集 服部まゆみ著 河出書房新社

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の楽園

『最後の楽園』

著者
服部 まゆみ [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784309028446
発売日
2019/11/29
価格
4,180円(税込)

書籍情報:openBD

最後の楽園 服部まゆみ全短編集 服部まゆみ著 河出書房新社

[レビュアー] 栩木伸明(アイルランド文学者・早稲田大教授)

 寡作だった「ゴシック・ミステリ」作家にとって、短編小説は実験の場だった。没後12年を機に、アンソロジーや雑誌の片隅に埋もれていた17編を集大成した分厚いこの本を読むと、ドラキュラや狼(おおかみ)男に捧(ささ)げられたオマージュ、金田一耕助を主人公とするパスティーシュ、一輪の薔薇(ばら)のつぶやき、ゾンビが語る物語など、じつに多彩な試みが行われていたことがわかる。

 アナグラム、密室、一人二役などのトリックをちりばめたミステリは、読者が見たいものをちらつかせて巧みに誘導する。そのあげく、最後のページにたどりついたぼくたちは、真犯人が誰かに気づき、だまされたと思う。だがもちろん、推理小説の愉悦はその先にある。読者は、結末から返し読みするうちに浮かび上がる、見逃していた世界をこそ確かめたいのだから。

 たとえば「葡萄酒(ぶどうしゅ)の色」を返し読みすると、読み飛ばしていた草花の名前が、秘めた恋の切なさと危うさを隠していたことに思い当たる。読み手ははっとして、それまで信じていた先入観をかなぐり捨てる。推理小説はぼくたちの精神を解き放つ装置なのだ。

 ただし、この本の真ん中に据えられた中編「桜」は掟(おきて)破りである。結末部分で語り手が、「ミステリ」というジャンルの制約を逆手に取って、読者を故意に戸惑わせるからだ。その一方で、「怪奇クラブの殺人」に登場する怪奇博物館の館長は、「どんなジャンルにも優れたものと下らぬものがある。優劣はその個々にあって、ジャンルにではないんだよ」と語る。小説家が抱いていた矜持(きょうじ)がかいま見える一言である。

 本書の表紙は著者の絵で飾られている。服部まゆみはそもそも銅版画家として出発した人。蝶(ちょう)が舞うケシ畑の背後から巨大な月が覗(のぞ)くその装画を、彼女のデビュー作『時のアラベスク』のタイトルをもじって、琳派(りんぱ)風アラベスクと呼びたくなった。静謐(せいひつ)にして絢爛(けんらん)な陶酔を誘う妖花たちは小説世界を映す鏡に似ている。

読売新聞
2020年2月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加