紙の知識で大量殺人計画の謎を解く 『紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人』歌田 年

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人

『紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人』

著者
歌田年 [著]
出版社
宝島社
ISBN
9784299001405
発売日
2020/01/10
価格
1,518円(税込)

書籍情報:openBD

紙の知識で大量殺人計画の謎を解く

[レビュアー] 円堂都司昭(文芸評論家)

 訪れた女性は相手を「神探偵」と思っていたが、彼にできるのは「紙鑑定」だった。紙の販売代理業を営む渡部は、そんな誤解をきっかけに浮気調査の探偵仕事をすることになる。なりゆきで伝説のプラモデル造形家・土生井(はぶい)と知りあい、助力を得る。だが、次に引き受けた相談が、予想外の方向に進む。女性から行方不明の妹の捜索を依頼されたのだが、送られてきたミニチュアハウスなどの模型を調べると、どうも大量殺人が計画されているようなのだ。

 第十八回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作の歌田年『紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人』は、探偵役のユニークさで興味を引く。私たちがふだんなにげなくめくっている本は、一冊のなかで本文、カバー、帯など部分ごとに様々な種類の紙が使われている。紙鑑定士の渡部は、見た目や触り心地から、それらがどのメーカーのどの銘柄の紙なのか、すぐ当てることができる。一方、プラモデル造形家の土生井は、使われた素材や加工法に詳しいだけではない。その模型が表現していることを読み解く力まで持っている。営業マンらしく歩き回って行動的な渡部に対し、アルコールを入れると頭が冴える土生井は、聞いた話とプラモデルの観察から考える安楽椅子探偵。タイプの違う二人のやりとりは、ちょっとズレていてユーモラスでもある。

 日常的にありふれた素材である紙。たとえ精巧にできていても、いわばオモチャでしかない模型。それらに関する蘊蓄(うんちく)が、大量殺人のようなとてつもない犯罪の解明に結びつくギャップが面白い。証拠品となる手紙が、本の付録になっていて読者が触れる趣向も楽しい。遊び心に満ちた一冊だ。

光文社 小説宝石
2020年3月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加