【児童書】『おひなさまの平安生活えほん』ほりかわりまこ作

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おひなさまの平安生活えほん

『おひなさまの平安生活えほん』

著者
堀川 理万子 [著、イラスト]
出版社
あすなろ書房
ジャンル
社会科学/民族・風習
ISBN
9784751529591
発売日
2020/02/19
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『おひなさまの平安生活えほん』ほりかわりまこ作

[レビュアー] 本間英士

 ■意外と知らないひな祭り

 3月3日はひな祭り。菱餅にひなあられ、はまぐりのおすまし…。ではなぜ、これらの料理をひな祭りに食べるのか。意外と知らないあれこれを教えてくれるとともに、ひな祭り気分をグッと盛り上げてくれる絵本だ。

 物語は、すみれちゃんとあかねちゃんの姉妹がひな人形を出すところから始まる。この家のひな人形は平安時代の貴族をモデルにした「有職雛(ゆうそくびな)」。ひな祭りがどういう経緯で始まったのかや、「立ち雛」「つるし雛」など多種多様なひな人形の世界を教えてくれる。

 面白いのが、中盤から物語が一転し、平安時代にタイムスリップする点だ。牛車の人形に誘われた姉妹は、きれいな着物を着たお姫さまと対面。平安貴族はどういうものを食べていたのかや、スマートフォンのない時代に何をして楽しんでいたのか-など姉妹の素朴な疑問に答えてくれる。

 主な対象年齢は小学校中学年。「ひな祭りとは何か」を子供に教えたいのだけれど、正直分からない…と悩む保護者にも学びの多い一冊。(あすなろ書房・1500円+税)

 本間英士

産経新聞
2020年3月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加