『台湾有事と日本の安全保障』渡部悦和他著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾有事と日本の安全保障 - 日本と台湾は運命共同体だ -

『台湾有事と日本の安全保障 - 日本と台湾は運命共同体だ -』

著者
渡部 悦和 [著]/尾上 定正 [著]/小野田 治 [著]/矢野 一樹 [著]
出版社
ワニ・プラス
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784847061639
発売日
2020/02/10
価格
1,100円(税込)

書籍情報:openBD

『台湾有事と日本の安全保障』渡部悦和他著

[レビュアー] 産経新聞社

 陸海空自衛隊の元将官がシミュレーションを交えて台湾有事を想定、日本の安全保障はどうあるべきかを考察した。

 中国は台湾を「核心的利益」として香港同様、一国二制度を標榜(ひょうぼう)しているが、台湾がそれを受け入れることはまずないだろう。とすると、いずれは武力行使に踏み切る可能性がある。台湾を支配下に入れれば、中国海軍は第一列島線を越えて西太平洋に進出、アメリカと正面からぶつかることになる。

 日本はどうすべきか。台湾との協力関係を強化し、「日米韓」から「日米台」の安全保障の枠組みを提示する。(ワニブックスPLUS新書・1000円+税)

産経新聞
2020年3月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加