【気になる!】コミック 『夢十夜』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢十夜

『夢十夜』

著者
近藤 ようこ [著]/夏目 漱石 [企画・原案]
出版社
岩波書店
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784006023157
発売日
2020/01/18
価格
858円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック 『夢十夜』

[レビュアー] 産経新聞社

 「こんな夢を見た」というくだりから始まる夏目漱石の短編集を、漫画家の近藤ようこさんが漫画にした作品。岩波現代文庫創刊20周年の節目に伴う文庫化で、新たに原作へのオマージュ作品「第十一夜」を描き下ろした。

 死んでしまった美しい女性との100年後の再会、背中におぶったわが子と逃れられない前世の因縁、明治の世まで生きて仁王を彫り続ける仏師運慶…。漱石が生んだ怪しくも美しい世界を、漫画として視覚的に味わう経験は楽しいものだ。自身が原作を読み、思い描いていたイメージと比べるのも面白い。(近藤ようこ漫画、夏目漱石原作、岩波現代文庫・780円+税)

産経新聞
2020年3月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加