【気になる!】文庫 『あのころ、早稲田で』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あのころ、早稲田で

『あのころ、早稲田で』

著者
中野 翠 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784167914653
発売日
2020/03/10
価格
792円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫 『あのころ、早稲田で』

[レビュアー] 産経新聞社

 戦後ベビーブーマーの第一陣だったコラムニストの著者が、昭和40年に入学した早稲田大学での4年間の青春を振り返るエッセー。

 著者は、<立派な左翼になりたくて>左翼学生の巣窟といわれたサークル「社研」に入ったが、学生運動の激化などに戸惑い、やがて<私は「思想的人間」ではないな>と自覚していったという。本書では、そんな日々と、音楽や映画、演劇、本、喫茶店など当時の若者文化、風俗もたどる。

 同学年で「部室仲間」だった評論家、呉智英氏との文庫化記念対談も収録。世代を問わず、自分の学生時代を思い出すきっかけにも。(中野翠著、文春文庫・720円+税)

産経新聞
2020年3月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加