『米中二極時代と日本 我々はいかに生き残るか』遠藤滋著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米中二極時代と日本 我々はいかに生き残るか

『米中二極時代と日本 我々はいかに生き残るか』

著者
遠藤 滋 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784160089662
発売日
2020/01/31
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

『米中二極時代と日本 我々はいかに生き残るか』遠藤滋著

[レビュアー] 産経新聞社

 商社マンとして1960年代から米中両国でビジネスに携わってきた著者が、両国の国民性、歴史と現状などを分析し、はざまにある日本の存在と役割を提言する。

 著者は、中国は「国というよりさまざまな中国人が住む広大な土地」で、大国化も「全土の統一維持を図るのは容易ではない」、米国には、世界秩序維持の責務に疲れ、「変化より安定」に安住していると指摘。両国の共通点を「世界は自分たちを中心に廻っていくべきだ、と考えている」とも。

 グローバル化時代に外国人と渡り合うためのアドバイスも豊富。(文芸春秋企画出版部・1500円+税)

産経新聞
2020年3月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加