【児童書】『やっぱり・しごとば』鈴木のりたけ作

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり・しごとば

『やっぱり・しごとば』

著者
鈴木のりたけ [著]
出版社
ブロンズ新社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784893096708
発売日
2020/02/22
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『やっぱり・しごとば』鈴木のりたけ作

[レビュアー] 横山由紀子

■6年ぶり待望の新作

 さまざまな職業を全面カラーのイラストで紹介する絵本シリーズの第6弾。人気絵本作家・鈴木のりたけさんが、綿密な取材をし、仕事内容や専門の道具などをリアルかつユーモラスに描く。

 ファン待望の6年ぶりの新作には、競走馬の世話をする厩務員(きゅうむいん)やプロサッカー選手、料理研究家、吹きガラス職人、医師など、9つの職業が登場する。

 厩務員は、午前4時にトレーニングセンターに出勤する。馬をなでてコミュニケーションをとった後、わら掃除をし、レース場で馬同士を競わせる練習。そして、かいばと呼ばれる牧草やニンジン、カルシウムなどをミックスした食事を与える。一連の仕事の流れが細かく描写され、臨場感がある。

 作画の中に、さりげなく描いた忍者とペンギンの隠れたキャラクターを探す仕掛けも面白い。既刊シリーズには、美容師や水族館飼育員、大工、クレーンオペレーター、書店員などの仕事が紹介されており、こちらも読み応えがある。(ブロンズ新社・1700円+税)

 横山由紀子

産経新聞
2020年4月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加