ゆかいな珍名踏切 今尾恵介著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆかいな珍名踏切

『ゆかいな珍名踏切』

著者
今尾恵介 [著]
出版社
朝日新聞出版
ISBN
9784022950482
発売日
2020/01/10
価格
891円(税込)

書籍情報:openBD

ゆかいな珍名踏切 今尾恵介著

[レビュアー] 飯間浩明(国語辞典編纂者)

 まず驚くのは、踏切の一つ一つに名前があること。私鉄の踏切は「駅名プラス第○号」などの表示が多いようですが、JRの踏切にはもっと具体的な名前がついています。

 その名づけ方もさまざまです。地名によるものもあれば、道の名がついたもの、施設名にちなむもの、はては人名らしきものや、一見して分かりにくいものも。「馬鹿曲(ばかまがり)踏切」「レコード館踏切」「洗濯場踏切」、さらには「爆発踏切」など。

 それらの踏切名の多くは昔から使われています。つまり、そこに土地の歴史が刻まれているということです。踏切名は知られざる歴史資料なんですね。「面白本」ふうの書名とは裏腹に、著者は踏切名を手がかりとして、土地の歴史を地道に考察していきます。

 著者の手法は、ともかく現地を調査すること。北海道から鹿児島まで、現場を踏み、地元の人に尋ね、土地の図書館を訪れます。地元の人が「20年前」と証言しても、実際には30年前、40年前の古い話だった、という事例に何度となく出合うのも面白いところです。

 「馬鹿曲」(三重県)は、馬鹿馬鹿しいほど大きく迂回(うかい)して通る谷間の道にありました。「レコード館」(静岡県)は、トーキー映画を謳(うた)った上映館の名前だったらしい。「洗濯場」(愛知県)には、草むした洗濯場(奥さんたちの社交場だったか)が残っていました。

 そして、「爆発踏切」。終戦直後、福岡県の二又トンネルで起こった火薬爆発事故を伝える名前です。米軍の不始末が原因で、死者百数十人、負傷者も多数出した大事故。報道管制のため、ろくに報道されなかったというこの大惨事が、踏切の名前に記録されています。

 踏切はいずれ廃止されるべき施設なのに、その名前が貴重な史料というのは皮肉です。著者の案内で、知られざる踏切名から、忘れ去られた土地の記憶を共にたどることができたのは、得がたい体験でした。

 ◇いまお・けいすけ=1959年、神奈川県生まれ。地図研究家。著書に『地図帳の深読み』など。

読売新聞
2020年3月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加