石井正則著 「13 ハンセン病療養所からの言葉」

レビュー

18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13(サーティーン)

『13(サーティーン)』

著者
石井 正則 [著、写真]
出版社
トランスビュー
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784798701776
発売日
2020/03/30
価格
3,190円(税込)

書籍情報:openBD

石井正則著 「13 ハンセン病療養所からの言葉」

[レビュアー] 仲野徹(生命科学者・大阪大教授)

 13、日本にあるハンセン病療養所の数だ。その写真集。23編の詩が添えられているが、写真にキャプションは無く、どこで撮影されたのかもわからない。

 輝く青い海があり、美しい花がある。古い病室があり、かつての火葬場がある。そして「命カエシテ」と書かれた石碑。

 「解剖室の感想」という詩の次の写真に目が釘(くぎ)付けになった。瀬戸内国際芸術祭で立ち寄った大島青松園で目にした石の台だ。

 海にうち棄(す)てられていたかつての解剖台には、貝殻の跡だけでなく、怒りや苦しみがこびりついているようだった。とても写真を撮る気になれなかった。

 撮影し続けてきたのはタレントの石井正則。国立ハンセン病資料館の学芸員・木村哲也が解説で、「ぜひ、療養所を訪れてみてください」と語りかける。

 どれだけ悲しくとも、見ておくべきものがそこにある。(トランスビュー、2900円)評・仲野徹

読売新聞
2020年4月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加