【気になる!】文庫 『高峰秀子との二十年』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文庫 高峰秀子との二十年

『文庫 高峰秀子との二十年』

著者
斎藤 明美 [著]
出版社
草思社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784794224514
発売日
2020/04/06
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫 『高峰秀子との二十年』

[レビュアー] 産経新聞社

 昭和を代表する大スター、高峰秀子。あまたの代表作の中で映画「浮雲」(昭和30年公開、成瀬巳喜男(みきお)監督、林芙美子(ふみこ)原作)が好きだ。戦時下の南方で愛した男には妻がおり、不倫に苦しみながらも離れられない「女の性と生」を見事に演じてみせた。

 本書で、女優稼業に疲れてパリへ逃避行中、送り主不明の「浮雲」原作本との運命的な出会いがあったことを知った。

 週刊誌記者から高峰夫妻の養女となった著者が担当した高峰のコラムや写真、インタビューが興味深い。夫・松山善三氏との夫婦愛にも感動させられる。(斎藤明美著、草思社文庫・1600円+税)

産経新聞
2020年4月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加