『タマ、帰っておいで』横尾忠則作

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タマ、帰っておいで

『タマ、帰っておいで』

著者
横尾 忠則 [著]
出版社
講談社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784065187944
発売日
2020/04/01
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

『タマ、帰っておいで』横尾忠則作

[レビュアー] 産経新聞社

 「この絵はアートではない。猫への愛を描いた」と画家の横尾忠則さん。今から6年前、愛猫タマが天に召されたその日から、彼はタマの絵を描き続けた。その数、なんと91点。タマにささげるレクイエム画集となった。

 横尾さんが折々につづった、タマに関する文章も掲載されている。15年の歳月を共にした「家族」の、ふとしたしぐさや習性、表情…。確かにこれらはアートというより、かわいくて仕方がないといった愛のあらわれ。描くことで、喪失感や傷心も少しずつ癒やされたのだろう。タマを通して、画家は生と死を一層鋭敏に見つめてゆく。(講談社・2200円+税)

産経新聞
2020年5月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加