【気になる!】文庫 『向田邦子ベスト・エッセイ』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

向田邦子ベスト・エッセイ

『向田邦子ベスト・エッセイ』

著者
向田 邦子 [著]/向田 和子 [編集]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784480436597
発売日
2020/03/11
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫 『向田邦子ベスト・エッセイ』

[レビュアー] 産経新聞社

 来年で没後40年。脚本家、エッセイスト、小説家として活躍した著者の名随筆50編を「家族」「食いしんぼう」「仕事」「私というひと」などのテーマ別に収録した文庫オリジナル。

 保険会社の支店長で家では暴君だった父への渦巻く思い(「父の詫(わ)び状」)、自我が目覚めた鹿児島の日々(「薩摩揚(あげ)」)、仕事をめぐる紆余(うよ)曲折(「わたしと職業」)、「ないものねだりの高のぞみ」を貫く自身の生き方への矜持(きょうじ)(「手袋をさがす」)…。

 しみじみと喜怒哀楽に浸れる文章に改めて感嘆。昭和が無性に恋しくもなる。(向田邦子著、向田和子編、ちくま文庫・900円+税)

産経新聞
2020年5月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加